安楽便器

排便の快適化、排泄動作の自立化、及び消毒性を含む介護者の使用性の向上をデザインした。

1996年度グッドデザインロングライフデザイン賞受賞

1977年製品化

マイスプーン

上肢の麻痺、切断などの人が顎、足、などでジョイステイック を操作して自分の意思と感覚で食べることができる 自立支援型ロボット。
2003年 グッドデザイン賞受賞

・ユーザーが残存能力を生かしてリラックスした状態で食事を楽しめることをデザインポリシーとした。
・スプーンを操作するジョイステイックは顎で操作する人用、足で操作する人用、があり、全自動モードの人 は押しボタンを用意して対応できるようにしてある。
(顎用50g で6、5度、足用200gで操作)
・スプーン、フォークが本人の口に向かって動いてくる恐怖感を感じさせないアームの動き方、 スピード、形態を人間工学的に検討して具体化した。
・ロボットアームの暴走した動きを皆無とする安全対策を施してある。
・このロボットのユーザーは若い人が多いので1回分で多くの食べ物を確実に掬え、なおかつ口 当たりが良いようにサジ部を角丸の四角形として最深部を前方に設定した。  同じデザイン方針で学童用の小型サイズも用意した。
・現在 日本、オランダ、デンマーク、ベルギー、イタリアなどで喜ばれて使用されている。

・共同研究者
セコム株式会社 石井純夫 佐藤謙一
国立精神神経センター 武蔵病院リハビリテーション科医長 山口明
作業療法科 黒岩貞枝 頸髄損傷、脳性麻痺のみなさん 他

スカットクリーン

排泄動作の自立度を高める自動吸引式集尿器。 介護保険及び厚生省の高齢者用日常用具給付用具の指定を受けている。

1979年製品化

ユニバーサルシート

重度障碍者の行動範囲を拡大した公共トイレ用折りたたみ式ベッド。

現在の多機能トイレの基盤となった。

1999年

ダンディ・ユリナー

夜間多尿にも対応できる装着式男性用集尿器

2017年

ライト・シリーズ

握力が弱い人、口が開きにくい人、手関節が悪い人から普通の人まで誰もが持ち易い、 食べ易いカトラリーのデザイン。柄の部分は中空で中に空気があるため手の温度になじむので、 ステンレスでありながら温もり感があり軽量である。

1999年度グッドデザイン・特別賞受賞

障害児用スプーン・フォーク WILL-3

使う子どもの手の動き方の発達に合わせて、スプーン、フォークの柄の形態を変形して、 その子が最も食べ易い動作で食べることが出来る。形状記憶ポリマー使用。

IDSデザインコンペティション IDS賞
産業デザイン展 通産大臣賞

1996年製品化

グランメール

ユニバーサルデザインのカトラリー
薄肉ステンレスの中空工法の太いブリップは、持った時の支持面が広いため力が安定し、 一般成人から高齢者まで様々な持ち方で食べやすいようにデザインしてある。
シェフ三國清三氏とのコラボレーション。

2006年製品化